国立のマッサージは「整体・マッサージサロンRelaxia」へ

糖質制限のメリット

 

・糖質は控えるが、三大栄養素のうちの「タンパク質」「脂質」「食物繊維」は血糖値を上げないので、カロリーを気にせず

これらの食品をたっぷりと食べることができます。

 

スタンダード糖質制限

 

・朝食or昼食+夕食(2食ご飯を抜く)

・1日の糖質の摂取量は、70~100gを目標にする。

・1食だけ主食(GI指数の低い玄米など)をとる。

 

プチ糖質制限

 

・夕食(1食ごはんを抜く)

・1日の糖質の摂取量は、110~140gを目標にします。

 

スーパー糖質制限

 

朝食+昼食+夕食(3食ご飯を抜く)

・麺・パン・イモ類・根菜・果物・スィーツ・調味料・も制限

・糖質の摂取量は、1食あたり10~20g
1日30~60gを目標にします。

・糖尿病の食事法向き

 

★はじめにスーパー糖質制限食をすることで、脂肪を代謝してエネルギーにする体質に変え、適正体重になったら、スタンダード糖質制限食かプチ糖質制限食に切り替える事を江部康二医師が薦めています。

 

【糖質制限する際の注意点】

 

・脂質は制限しない

・脂質・タンパク質は十分摂ってもいいが、1日3000kcal以上は食べ過ぎ、痩せません。

・せんべい・おかきなども砂糖を使用していなくても糖質過多。

・根菜類・イモ類は糖質が多い

・糖質の少ない葉野菜でも炒めたりして大量に食べるのはNG

・玄米・雑穀米・蕎麦なども糖質が多いのでNG

 

《引用》
Dr.江部が食べている「糖質制限」ダイエット・1ヶ月献立レシピ 著書江部康二より

国立のマッサージは【リピート率95%】整体・マッサージサロン Relaxiaへ PAGETOP