国立のマッサージは「整体・マッサージサロンRelaxia」へ

『糖質制限食10ヶ条』

 

・魚介・肉・豆腐・納豆・チーズなどのタンパク質や脂質が主成分の食品はしっかり食べる。

・白いパン、白米、麺類、菓子、白砂糖など精製された糖質の摂取は控える。

・やむをえず主食を摂る時は、未精製の穀物(玄米、全粒小麦など)を日頃の運動量に応じて適量摂取。

・牛乳・果汁は避ける。成分無調整の豆乳、水、番茶、麦茶、ほうじ茶などがよい。

・糖質の少ない野菜、海藻、きのこ類は適量食べてよいが果物は少量。

・オリーブオイル、魚の油(EPA・DHA)は積極的にとる。リノール酸は減らす。

・砂糖未使用のマヨネーズやバターもOK.

・蒸留酒(焼酎・ウィスキー・ブランデーなど)は飲んでも大丈夫だが、醸造酒(ビール・日本酒など)は避ける。

・間食やおやつなどはチーズ、ナッツ類を中心にして適量をとる。菓子類、ドライフルーツ類はNG。

・できる限り、化学合成の添加物の含まれいていない食品を選ぶ。

 

《引用》
主食を抜けば糖尿病は良くなる2[実践編] 著者江部康二より

国立のマッサージは【リピート率95%】整体・マッサージサロン Relaxiaへ PAGETOP